家の防犯対策

家の防犯対策で重要になるのは、窓と玄関です。
空き巣などの侵入犯は、忍者のように壁をすり抜けたり、床下や天井からドロンと侵入したりはできませんので、出入り可能な窓あるいは玄関ドアを狙います。必然的にこの2箇所がポイントになってくるわけです。

窓の対策としては、まずどのような窓が侵入犯にとって取り組みやすいかということを理解すれば、自ずと対策方法も見えてくるものです。
空き巣の常套手段である「こじ破り」や「打ち破り」の簡単な解説も以下のパラグラフで行っていますので、ぜひご参照ください。窓ガラス自体のセキュリティを高める「防犯ガラス」を設置する方法も大変有効です。
また、ホームセキュリティのサービスに加入すると、万が一の場合でも迅速に駆けつけてもらえるので、さらに安心感が高まります。これらのサービスを検討してみるのもよいでしょう。

そして、玄関の対策も重要です。「ついうっかり」してしまう無施錠の怖さ、玄関での防犯のコツ、オススメの錠前、サムターン部分の対策等について解説します。
特に、錠前の種類はたくさんあり、ピッキングに強いもの、弱いもの、様々です。ご自宅の現在の錠前がどのタイプなのかをチェックしてみて、場合によっては交換を検討されてもよいかもしれません。

窓、玄関共通の対策としては、補助錠を設置する方法があります。
防犯カメラ等を設置し、侵入しようとする空き巣に「この家は防犯対策をしっかりしているぞ」と喚起できれば効果大です。