玄関の対策

どれだけ強固な厚みをもった玄関ドアを設置しても、解錠されてしまえば、あっさりと侵入を許すことになります。そのため、玄関の防犯対策で重要なのは、どのような錠前を取りつけるか、ということになります。

実は、やってしまいがちなのが無施錠です。「ちょっとそこまで」「すぐ戻るから」「ゴミ出しだけ」といった理由で、わずかの時間不在にしただけで被害にあうケースも多々あります。
オートロックなら鍵かけに関する点では問題が解消しますが、場合によっては閉めだされてしまうこともあるので注意が必要です。

玄関の防犯のコツは、空き巣などの侵入犯に時間をかけさせることです。玄関という場所はそれなりに人の出入りがあり、比較的人の目につきやすいところでもあります。
たとえば、ドアに2つ以上の錠前を設置すれば、単純に費やす時間が2倍かかることになります。簡単に破られる錠前では意味がありませんので、ピッキング等に強い構造のディンプルシリンダー錠などに交換すると効果的でしょう。

他に空き巣の手口としては、ドリルなどで穴を開けて道具を差し込んで内側のサムターンを回転させて開けてしまう、というものもあります。これにはサムターンを覆いカバーするものをつけて、サムターン周辺を防護すれば安心です。
2重、3重の防壁を築いて侵入犯を諦めさせるのがポイントといえます。

窓の対策

窓の防犯対策は、家全体の防犯を考える上でも重要な箇所です。窓を経由して空き巣が侵入する割合は、戸建て住宅では6割を超えているという統計もあるほどで、窓の対策がいかに重要かがご理解いただけるでしょう。

空き巣の手口は主に2つで、ドライバーなどを使って指が入る程度の穴を開けサッシの錠を開ける「こじ破り」、バールのようなもので叩き割ってご近所や警備員が駆けつける前に物盗りを行う大胆な手口の「打ち破り」があります。
これらに対応するためには、自宅の窓を「防犯ガラス」に変更すれば、被害にあう確率をグンと低下させることができます。

防犯ガラスは、主に2枚のガラスの間に強靭な中間膜を施したもので、「こじ破り」や「打ち破り」の手口に強固な抵抗力を発揮します。
グレードによって防犯性能が異なりますので、どれくらい防犯の度合いを高めるのかといった、目的にあった選択をしましょう。さらに補助錠を追加すると、一層強固になります。

ほかに、ホームセキュリティのサービスを利用するという方法もあります。
これらのサービスは緊急時対処のノウハウも豊富ですし、窓ガラスにシールを貼ることで、ホームセキュリティを利用していることを空き巣に知らせ、萎縮させる効果も期待できます。